« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018/09/17

「From T」やっぱ好いねぇ~

いやぁ~、ほんま名盤cdですねぇ~lovelygood

「From T」 吉田拓郎

もう、最近車carの中でずんやりとかかりっぱなしfuji

初っ端の「春を待つ手紙」で一気に乗せてnotes

「僕の道」で早くも一息、「流星」で盛り上げup

「いくつになってもhappy birthday」、「恋の歌」で明るくshineshine

「金曜日の朝」「oldies」「シンシア」で、ZUZU、かまやつさんを想いthink

「ウインブルドンの夢」、「水無し川」、「清流」で感動weep

「花の店」で岡本氏、「戻ってきた恋人」で再びZUZUthink 

最後に「アゲイン」wave

いやぁ~、ほんま究極の選曲順ですよねぇ~fuji

拓郎ファンの心をくすぐる、曲順だわlovely

2枚目も、「風の街」懐かしい、「ガンバラナイけどいいでしょう」拓郎さんの闘病の頃を思いcrying

名曲「おきざりにした悲しみは」改めてほんま名曲shineshine

「君のスピードで」「消えていくもの」最近の定番曲、好きやわnotes

名曲「春だったね」「元気です」この流れが好いねぇ~heart02heart02

「歩道橋の上で」「歩こうね」で、しみじみと・・・・・・

「朝陽がサン」で盛り上げupup

「夏休み」を挟み、「慕情」

最後に、「マークⅡ」ときましたかgood

ほんま、練りに練り上げた選曲ですな(^^♪

で、もう満足ぅぅぅぅ~ となってる中に、デモ曲集cd

90年代の拓郎さんの魅力再発見scissors ってな感じでほんま凄いhappy02

3枚続けて聴いて、また最初から聞いていますcoldsweats01

ほんま、「From T」 改めて、名盤ですぞsign03sign03

買ってない方、ぜひ購入をhappy01

損は、しないと思いまっせfuji

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018/09/02

「From T」 来ました♪

Nec_0126s「From T」

やっとこさ、来ましたhappy01

初回特典 ポストカード付up

で、気になる収録曲ですが。。。。。おいらの予想

空振り三振 完全試合負けsign03

1曲も予想当たりませんでしたsweat01sweat01

まぁ~、見事に当たりませんでしたねぇ~・・・・・・いやはや。。。。。。

しかし、良い選曲と言うか、ウムウムと言うか、参りましたね<m(__)m>

Disc 1

01 春を待つ手紙

02 僕の道

03 流星

04 いくつになっても happy birthday

05 恋の歌

06 金曜日の朝

07 Oldies

08 シンシア

09 ウィンブルドンの夢

10 水無し川

11 清流(父へ)

12 花の店

13 戻ってきた恋人

14 アゲイン(吉田拓郎LIVE2016)

Disc 2

01 風の街

02 ガンバラナイけどいいでしょう

03 おきざりにした悲しみは

04 君のスピードで

05 消えていくもの

06 春だったね

07 元気です

08 歩道橋の上で

09 歩こうね

10 朝陽がサン

11 夏休み

12 慕情

13 マークⅡ'73

結構好きな曲が入ってて、「流星」 「いくつになっても happy birthday」 「金曜日の朝」 「ウィンブルドンの夢」 「水無し川」 「花の店」 「戻ってきた恋人」 「風の街」 「おきざりにした悲しみは」 「元気です」 「歩道橋の上で」 「朝陽がサン」 

と好いねぇ~shine

ZUZU、かまやつさんへの愛情が感じられますよねlovely

しばらくは、ヘビーローテになりそうです(笑)

で、付録のデモ音源 これが凄いねgood

これ、デモじゃなく、本番用ですよ、完成度めっちゃ高いupup

Disc 3 「 Tからの贈り物」(未発表デモ音源収録)

01 淋しき街

02 ロンサム・トラベリン・マン

03 黒い瞳

04 憂鬱な夜の殺し方

05 生きていなけりゃ

06 いつでも

07 マンボウ

08 永遠の嘘をついてくれ

09 女たちときたら( ※未発表曲)

10 心のままに

11 オーボーイ

12 紅葉

13 夢見る時を過ぎ

14 いつもチンチンに冷えたコーラがそこにあった

15 夕陽と少年

この付録だけでも十二分の価値ありますねhappy01

「ロンサム・トラベリンマン」 「いつでも」 「永遠の嘘をついてくれ」 「夢見る時を過ぎ」

なんか、ほんま好いねぇ~good

しばらくは、拓郎三昧で一日過ごせそうです(^_-)-☆

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »