« トム・ペティさんが、亡くなったて。。。。。。 | トップページ | 2017仏生山大名行列 »

2017/10/09

「三度目の殺人」見てきやした

Ecda9f261df90010「三度目の殺人」見てきやしたhappy01

まず、一言 名作 めっちゃ良かったですよflair

何やら、ネットでは酷評が多いようですが、そんな事ありませんpunch

めっちゃ、良かったup

解説 

「そして父になる」の是枝裕和監督と福山雅治が再タッグを組み、是枝監督のオリジナル脚本で描いた法廷心理ドラマ。勝つことにこだわる弁護士・重盛は、殺人の前科がある男・三隅の弁護を仕方なく担当することに。解雇された工場の社長を殺害して死体に火をつけた容疑で起訴されている三隅は犯行を自供しており、このままだと死刑は免れない。しかし三隅の動機はいまいち釈然とせず、重盛は面会を重ねるたびに、本当に彼が殺したのか確信が持てなくなっていく。是枝監督作には初参加となる役所広司が殺人犯・三隅役で福山と初共演を果たし、「海街diary」の広瀬すずが物語の鍵を握る被害者の娘役を演じる。

あらすじ 

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。

役所さん演ずる三隅、福山さん演ずる重盛、両雄の演技が好いねぇ~good

鑑別所の面会室でのやり取り、またその場面のカメラワーク、これがまた良かったねぇ~happy01

ガラスで隔てて対面してるんだけど、ガラスに映った両雄の顔が並んでの演技、このシーンめっちゃ、説得力あって良かったgood

広瀬すずさん演じる被害者の娘咲江も上手かったですねhappy01

広瀬すずさん、ほんま今一番輝いてる少女女優じゃないかなflair

音楽も重厚で物語とマッチしていましたねぇ~notes

2時間ちょい、十二分に堪能できる作品でした(*^_^*)

こりゃ、今年おいらのベスト1かな。。。。。(この前見た、「関ヶ原」に今年一番 って言ったけど、撤回です。。。。。。)

 

で、「誰が犯人かわからない」「最後がウヤムヤで消化不良。。。」とか酷評されてますが、ちょいとネタバレ・・・・・

まず、犯人は最初から、三隅さんですよsign03

で、面会のたびに証言が変わって分かりにくいとか、咲江ちゃんが殺したかのような映像があるから、共犯なのかとか、色々言ってますけど。

三隅さんの証言がコロコロと変わっていくのは、死刑を選択されたいがために印象を悪くすることが、一つのねらいなのではないかなと。

また、咲江ちゃんが父親にレイプされたことを、証言すると重盛さんに言ったことで、それを聞いた三隅は、それを避けさすために、「自分は殺してない」 と無実に翻しして、咲江ちゃんに証言台に立たせないようにと考えたんでしょう。

で、最後判決の時、三隅さんは、怒りもせず、晴れ晴れした顔で死刑の宣告を受けてましたよ。

あの、面会室で唯一、怒ったのは自分の娘に証言してもらうということを重盛さんが言ってった時だけ。

三隅は咲江ちゃんに自分の娘をだぶらせて、救おうとしてたのではないでしょうか。。。。

と書いてみましたが、上手くまとめることができませんでしたが。。。。。

|

« トム・ペティさんが、亡くなったて。。。。。。 | トップページ | 2017仏生山大名行列 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100280/65895540

この記事へのトラックバック一覧です: 「三度目の殺人」見てきやした:

« トム・ペティさんが、亡くなったて。。。。。。 | トップページ | 2017仏生山大名行列 »