« 浜省ツアーチケット・・・・・・ | トップページ | 「リッスントゥザミュージック」 エレファントカシマシ »

2015/08/14

「日本のいちばん長い日」 見てきやした

T0019725p3「日本のいちばん長い日」

見てきやしたhappy01

なかなか見ごたえありましたねgood

解説

半藤一利のノンフィクションを基にした群像歴史ドラマ大作。太平洋戦争での日本の降伏決定から、それを国民に伝えた玉音放送が敢行されるまでの裏側を見つめていく。メガホンを取るのは、『クライマーズ・ハイ』『わが母の記』などの原田眞人。キャストには『わが母の記』などの役所広司、『おくりびと』などの本木雅弘、『ツナグ』などの松坂桃李ら実力派が集結し、昭和天皇や阿南惟幾陸相をはじめとする実在の人物を熱演する。身をていして現在の平和の礎を築いた人々の思いに引き込まれる。

あらすじ

1945年7月。太平洋戦争での戦況が悪化する日本に対して、連合軍はポツダム宣言の受託を迫る。連日にわたって、降伏するか本土決戦に突き進むかを議論する閣議が開かれるが結論を一本化できずにいた。やがて広島、長崎に原爆が投下され、日本を取り巻く状況はさらに悪くなっていく。全国民一斉玉砕という案も取り沙汰される中、阿南惟幾陸軍大臣(役所広司)は決断に悩み、天皇陛下(本木雅弘)は国民を案じていた。そのころ、畑中健二少佐(松坂桃李)ら若手将校たちは終戦に反対するクーデターを画策していた。

と、コピペですが。。。。。。

役者が立ってましたねぇ~up

天皇役の本木雅弘さんが一番良かったかなgood

鈴木総理役の山崎努さん流石sign03

阿南陸軍相の役所さんも貫禄だねhappy01

後、印象に残ったのが、鈴木総理の秘書役の小松和重さん、なんか妙にしっくりきてましたflair

ちょうど、半年ぐらい前にNHKの歴史ヒストリアって番組で、鈴木総理の話を見ていたり、何日か前の玉音放送の記事とか見てたので、すんなりと映画に引き込まれましたね(^.^)

いやぁ~久々に映画らしい映画見ましたsmile

|

« 浜省ツアーチケット・・・・・・ | トップページ | 「リッスントゥザミュージック」 エレファントカシマシ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100280/62082116

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本のいちばん長い日」 見てきやした:

« 浜省ツアーチケット・・・・・・ | トップページ | 「リッスントゥザミュージック」 エレファントカシマシ »