« グッド・バイ | トップページ | 大阪の陣 »

2005/09/15

明日に向かって走れー月夜の歌ー

明日に向かって走れ -月夜の歌ー  エレファントカシマシ  1997.9.10発売

明日に向かって走れ 戦う男 風に吹かれて ふたりの冬 昔の侍 せいので飛び出せ! 遠い浜辺 赤い薔薇 月夜の散歩 恋人よ 今宵の月のように

エレカシです。初めて知ったのが、「熱闘甲子園」でした(^^ゞ 高校野球のファンの僕ですが、毎年TVの「熱闘甲子園」をみてます。98年の時だと思うのですが、主題歌や挿入歌に使われてまして、気に入りました。  

明日に向かって走れ  最初見たとき「拓郎のカバー!」って思いました。聞いてみたら”タイトル”だけでした。 突っ走るぜ明日も たぶんあさっても 男はいつだって 突っ走るだけさ  いいですね。男の応援歌。渋い!次曲の 戦う男 もしかり。メチャメチャ、ライブに映えるでしょうね。

風に吹かれて  この曲、最高!! 輝く太陽はオレのもので きらめく月は そう おまえのナミダ 普通の顔した そう いつもの普通の 風に吹かれて消えちまうさ 最初の詩がいいですね。いつもの風に吹かれりゃ何とかなるさ。タイトルはボブディランからですかね。

ふたりの冬  恋人同士の冬の散歩道を歌った曲かな。全然、曲が違いますが、NSPの「夕暮れどきはさびしそう」を思い出しました。

昔の侍  ダイナミックな曲ですね。ストリングスがいい味出してます。蒼き夢にさらば、さらば友よ。

恋人よ  これもタイトルんんっつ?五輪真弓?いやいや違いますね。月明かりの中、どんなに淋しくても、いつかの夢を心に秘めて歩き出そう。

今宵の月のように  アルバムラストを飾る名曲です。このアルバムのコンセプト「月夜の歌」しめくくる曲ですね。明日もまたどこへ行く、愛を探しに行こう!!

んん、失敗でしたね。このアルバム1曲ごとに解説つうか感想書こうとしましたが、トータルアルバムですから、変になりました。m(__)m 先にも書きましたが、月夜、それも冬の月夜をテーマにして、恋愛、夢、人生などなどを鬼才宮本浩次が鋭い言葉、比喩に暗喩など織り交ぜ書いてます。メロディはこれゾ!フォークロック!!単純なメロディ、転調ありとか、色んな技で聞かしてくれます。

僕はエレカシはこの9枚目と次の10枚目だけしか持ってません。しかし、この2枚が最高!!だと思いますね。最近はどうなのか、全く知りませんが・・・・   

 

|

« グッド・バイ | トップページ | 大阪の陣 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ~
このころの曲は聴いたことあると思います。
「今宵の月のように」がよくかかってましたよね!
「戦う男」がすごかったような。詞の内容は忘れましたが。
全体的にバンドサウンドでいいですね!勢いがあって。
今度TSUTAYAで探してみます。

投稿: 滝の水 | 2005/09/16 01:46

そうそう、バンドサウンド!!ゴリゴリでしたね。
そして、ヴォーカルの宮本さんの鬼気迫る顔がよかったですよ。
いつも、コメントどうもです。

投稿: りゅう | 2005/09/16 11:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100280/5961739

この記事へのトラックバック一覧です: 明日に向かって走れー月夜の歌ー:

« グッド・バイ | トップページ | 大阪の陣 »