« イチロー&野茂 | トップページ | 空梅雨ですね(>_<) »

2005/06/16

ノルウェイの森

「ノルウェイの森」 村上春樹著 1987.11発売

かなり、と言うか、大ベストセラーですね。僕が22歳の時です。 僕と直子と緑の物語。何回と無く読んでます、大体2年に1度は読んでますね。何度読んでも飽きない、って言うか、感動でもないなぁ~、そうそう考えさせられる!!が一番ちかいかな。初期の春樹さんのテーマ「死と向き合う事」「生きると言う事」「世間とのかかわり」そんな全てが入った作品だと思うのですが。でも、いまだによく理解できない・・・・ストーリは別に難しくもなく、ただ、観念的な事、叙情的な事、んーん上手く言えないですね。(ボギャブラリがありませんで・・・) ただ何度読んでも、前に読んだ時と感じ方が変わるんですね。最初は、とにかく勢いで読んで「んんーん、考えさせられるなぁ~」ぐらいしか分らない。次に読んで「死によって人は生まれ変わる。良い意味にも、悪い意味にも。その人の捉え方によって変わっていく」と思いました。

春樹さんの小説は、僕にとってこれからも何かしらの啓示(大げさ!)生き方、違うな「人との感じ方」かなを与えてくれると思ってます。まだまだ、勉強せねば・・・・

|

« イチロー&野茂 | トップページ | 空梅雨ですね(>_<) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100280/4584809

この記事へのトラックバック一覧です: ノルウェイの森:

« イチロー&野茂 | トップページ | 空梅雨ですね(>_<) »