2020/02/23

拓郎さんのオールナイトニッポンゴールド!!

こんばんわ、金曜日にありましたねぇ~

吉田拓郎オールナイトニッポンゴールド!!

おいらは、生では聞けず、ちょいと後からネットで聴きましたが(汗)

いやはや、良かったですねぇ~

聴きごたえあり!!

で、4月から月一であるそうです(*^。^*)

毎月、拓郎さんの話が聴けるとは、嬉しいねぇ~

で、今年のライブの選曲の話もありましたね♪

ファンの方々のリクエスト曲、色々とありました

10位から、「いくつになってもhappy birthday」「帰路」この曲おいらも聞きたい!!

「僕の道」「大阪行きは何番ホーム」これも好き!!「Not too late」「元気です」好いねぇ~

「人生キャラバン」「春を呼べ」「花酔曲」シブい!!

で、1位は、「RONIN」おっと!!これまた好いねぇ~(^O^)/

 

で、拓郎さん曰く・・・・・変な順位。。。。。

拓郎さんが唄いたいのが。。。。。

どうしてこんなに悲しんだろう」「たどりついたらいつも雨降り」「昨日の雲じゃない」「マークⅡ」「野良犬のブルース」「チェックインブルース」「僕達のラプソディー」「雪」

だそうです。。。。。

しかし、これまた、と散らかってますよね(笑)

で、大目玉が、、、、、、なんと!!まさかの!!

「王様たちのハイキング」!!!!!!!!

いやはや、これは、、、、絶対に行きたいねぇ~

なんとか、実現を切に祈ります<m(__)m>

 

 

| | コメント (2)

2020/02/15

「前田建設ファンタジー営業部」見てきやした

 
74905874_177247896813633_716687331420346 「前田建設ファンタジー営業部」

2020年1月31日公開

監督 英 勉

主演 高杉 真空  小木 博明

上映時間 115分

解説

前田建設工業が連載している、架空の世界の建造物を実際に作ったらどうなるかを工期、工費を含めて検証するウェブコンテンツを映画化。検証第1弾「マジンガーZ」地下格納庫編を基に、上司が発案した突飛な企画を実現しようと奮闘するサラリーマンたちを描く。主演の高杉真宙、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明のほか、上地雄輔、本多力、岸井ゆきのらが共演。脚本をヨーロッパ企画の上田誠、監督を『賭ケグルイ』シリーズなどの英勉が務めた。

 

あらすじ

2003年のある日、前田建設工業の広報グループ長がアニメ「マジンガーZ」に登場する地下格納庫兼プールの発注を受けたという設定で建設を検証するウェブ連載を発案する。若手社員の土井航(高杉真宙)は当初このプロジェクトに乗り気ではなかったが、社内外の技術者たちの熱意を目の当たりにし、無意味だと思っていた業務に真摯(しんし)に臨もうとする。

 

まず、一言 面白かった

いやぁ~、かなり評判がいいので、見に行きましたが、ほんま面白かった

映画始まるとすぐに、「うちの技術で、マジンガーZ の格納庫をつくちゃおう!」

おきやはぎの小木さん演じる、アサガワ上司からいきなりの展開

あれよあれよという間に、広報グループの新入社員ドイ、優柔不断な先輩ベッショ、紅一点エモト、アニオタのチカダが巻き込まれ、、、、、

もう、、、、どんどん引き込まれましたねぇ~

アサガワさんのテンション高い上司 笑えます

ベッショ先輩の優柔不断な所。。。。アルアル

エモトさんの宇宙落ち、、、、おもろい

アニオタチカダさんの、キレっぷりもププププ。。。。

あと、地質担当のヤマダさん、機械担当のフワさん、等々、面白いです

で、なにがおかしいいって、大真面目にマジンガーZの格納庫を本気で作っちゃうところ

と言っても、実際に作るわけは無いのですが、設計、工期、見積もり等は実物作るのとまったく同じ

その出来上がってく過程の中に、色々と笑いあって、映画見ながらニヤニヤ、クスクスといやはや、笑わしていただきました

で、面白いのが、この話 実話なんですよ

前田建設工業、実際にあって、その広報が、マジに設計、見積もり立ててるんですよね

そこのHP見ましたら、まだまだ999とか、ガンダム、ヤマトなど色々と見積もりが・・・・・

いやはや、参りました<m(__)m>(笑)

 

 

 

 

| | コメント (0)

2020/02/10

こんばんわ(#^.^#)

こんばんわ、いつのまにやら2月に入りましたねぇ~・・・・・

今年も、月日の経つのが早い、早い((+_+))

で、最近の拓郎さん、張り切ってますよねぇ~♪

2月21日にラジオ オールナイトニッポンGOLD!!

夜10時~12時までの放送との事

さて、こちらで放送は、あるのだろうか???分かりませんが・・・・・

で、これからの事も拓つぶでつぶやいてますねぇ~

ツアーはかなりやる気満々のようですが、いかんせん 場所がかなり難しいそうとの話・・・・・

運が味方すれば、実現とか!!

アルバムは、4,5,6月で仕上げるらしいとの事!!

まぁ、そんな、なんやかんやをラジオで発表してくれるとありがたいですよね(*^。^*)

今年も、拓ファン 忙しい一年になりそうですね(^O^)/

 

 

 

| | コメント (2)

2020/01/27

「フォードVSフェラーリ」見てきやした♪

P4520

「フォードVSフェラーリ

2020年1月10日公開

監督 ジェームズ・マンゴールド

主演 マット・ディモン、クリスチャン・ベイル

上映時間 153分

解説

1966年のル・マン24時間レースをめぐる実話を映画化した伝記ドラマ。フォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられた男たちが、王者フェラーリを打ち負かすため、意地とプライドを懸けた闘いに挑む。エンジニアを『オデッセイ』などのマット・デイモン、レーサーを『ザ・ファイター』などのクリスチャン・ベイルが演じる。『LOGAN/ローガン』などのジェームズ・マンゴールドがメガホンを取った。

あらすじ

カーレース界でフェラーリが圧倒的な力を持っていた1966年、エンジニアのキャロル・シェルビー(マット・デイモン)はフォード・モーター社からル・マンでの勝利を命じられる。敵を圧倒する新車開発に励む彼は、型破りなイギリス人レーサー、ケン・マイルズ(クリスチャン・ベイル)に目をつける。時間も資金も限られた中、二人はフェラーリに勝利するため力を合わせて試練を乗り越えていく。

 

いやぁ~、迫力満点、爆音最高

主演の二人が好いねぇ~

特に、クリスチャン・ベイル

破天荒な気質をいい感じで演じていますね

かといって、愛嬌のあるところも上手く取り入れて憎めないケン・マイルズを演じてます(^O^)/

で、シェルビー役のマット・デイモンもいい感じで、二人のやりとりが面白い

それに、絡んで、フォード2世、レオ・ビーブ副社長、重役の一人リー・アイコッカとのやりとりがおもしろい

紅一点のマイルズの奥さんもいい味出してます(ほんま、紅一点!! 男だらけのドラマです!!(笑))

で、レースシーンが最高

臨場感あって、これ、3Dだったら、目回すだろうね(笑)

153分という長丁場ですが、全然長さ感じず、あっという間という感じでした(#^.^#)

年明けから、いい映画見れましたよ 

 

 

| | コメント (0)

2020/01/20

今年の拓郎さん♪

みなさん、こんばんわ。

正月開けて、いかがお過ごしでしょうか・・・・・・・

で、拓郎さん、今年も賑やかになりそうですねぇ~(*^-^*)

拓つぶ連日の更新!!

ニューアルバム!! ちょいっとした大阪含めてのツアー!! 

で、今日の拓つぶでは、2月にまたもやラジオ!!

最初の拓つぶでは、んんんん、アルバム、ツアー って言ってるけど・・・・・どうなるやら・・・・

って疑心暗鬼でしたが、

今日のつぶやきで、間違いなし!!

ってな感じですね(^O^)/

そのほかにも、カ〇ット企画やら、シー〇レッ〇ライ〇やら。。。。。。

んんんんんん、拓郎さん、アウトローに向かって行っても、まだまだやる気満々のようです(^O^)/

いやはや、まだまだファンの僕らも老け込んではいけませんぞ(笑)

 

追記

で、ラジオで募集してるのが

1.今後も続けたい日本の習慣

2.これはもう、やめましょうという日本の習慣

3.そして、「アウトローを君と一緒に」で演奏してもらいたい曲

を募集しているそうです(*^。^*)

詳しくは、拓つぶで(^_-)-☆

 

おいら、去年のライブでは 「今夜も君をこの胸に」 が聴けたから嬉しかったなぁ~

さて、今回の1曲、、、、、、、、 たくさんありすぎて。。。。1曲に絞れない(>_<)..........

 

 

| | コメント (2)

2020/01/02

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、令和初のお正月!! 皆さん、いかがお過ごしでしょうか・・・・・

おいらは、ビール 三昧の毎日でございます(笑)

昨日は、初詣に行きましたが、毎年恒例の三社巡りはしませんで、今回は、地元のちきり神社だけにしました

で、おみくじは。。。。。。。大吉

うんうん、昨年は心臓の手術などありましたが、今年は大丈夫のような感じでしょうか(*^-^*)

今日は、家でゴロゴロしながら、大学ラグビー準決勝見ましたが、早稲田、明治 共に強いね

こりゃ、11日の決勝戦、楽しみですね

明治がFWだけの明治から、BKを使っての展開ラグビーも鮮やかに決めていくので、面白い試合になるでしょうね

早稲田のBKも展開早いのでほんと、どうなりますやら????

明治ファンのおいらは、明治の優勝を予想してますが。。。。。

 

で、拓郎さん、今年はデビュー50周年 

さて、何かあるのか??

はたまた、何もしないのか??

んんんんん、楽しみな一年になりそうですよ\(^o^)/

 

 

| | コメント (4)

2019/12/30

年の瀬・・・・・

こんばんわ、あと1日で今年も終わりますね

今年は、色々とありました。。。。。

平成から令和に変わり、拓郎さんのLIVEに参戦

で、夏に心臓の手術

ちょいと、不安になりましたが

今は、なんとか。。。。かな(*^-^*)

秋には、ラグビーワールドカップで盛り上がりましたね

しかし、ここまで盛り上がるとは思いませんでした

来年は、東京オリンピック 楽しみですね

おいらは、テレビ観戦ですが、盛り上がるでしょうねぇ~

ただ、マラソンのドタバタ・・・・・

なんか、他の競技でもドタバタなるような予感・・・・・・

何もなければ良いのですがね。。。。

 

何はともあれ、皆さん、良いお年をお迎えしてくださいね

来年もよろしくお願いいたします<m(__)m>

 

 

| | コメント (2)

2019/12/27

「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」見てきやした

Sw9「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」

2019年12月20日公開

監督 J.J.エイブラムス

出演 キャリー・フイッシャー マーク・ハミル アダム・ドライバー デイジー・リドリー

上映時間 142分

解説

「スター・ウォーズ」の新たな3部作としてスタートした「スター・ウォーズ フォースの覚醒」(2015)、「スター・ウォーズ 最後のジェダイ」(17)に続く3部作の3作目。「スター・ウォーズ」サーガのエピソード9にあたり、1977年のシリーズ1作目から計9作品を通して語られてきたスカイウォーカー家の物語が完結する。「フォースの覚醒」を手がけたJ・J・エイブラムスが再びメガホンをとり、主人公のレイを演じるデイジー・リドリーほか、ジョン・ボイエガ、アダム・ドライバー、オスカー・アイザックら3部作の主要キャラクターを演じてきたキャストが集結。初期3部作の「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)、「スター・ウォーズ ジェダイの帰還」(83)に登場した、ビリー・ディー・ウィリアムズ演じるランド・カルリジアンが再登場するほか、シリーズを通して重要な役割を担ってきた、16年12月に急逝したキャリー・フィッシャー演じるレイア・オーガナも、「フォースの覚醒」製作時に撮影されていたものの未使用だった映像を用いて登場する。

 

あらすじ

はるか彼方の銀河系で繰り広げられる、スカイウォーカー家を中心とした壮大な<サーガ>の結末は、“光と闇”のフォースをめぐる最後の決戦に託された──祖父ダース・ベイダーの遺志を受け継いだカイロ・レン。伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカーの想いを引き継ぎ、フォースの力を覚醒させたレイ。そして、R2-D2、C-3PO、BB-8 ら忠実なドロイドと共に銀河の自由を求めて戦い続ける、生きる英雄レイア将軍、天才パイロットのポー、元ストームトルーパーのフィンら、レジスタンスの同志たち...。さらに、ハン・ソロの永遠の好敵手ランド・カルリジアンもエピソード・シリーズでは『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』以来の再登場。果たして、彼らを待ち受ける運命とは?そして、いかなるエンディングを迎えるのか?

 

いやぁ~、面白かった

これぞ、スターウォーズ

最初から最後まで次から次へのストリー展開

息つく間もなく

エピソード1~8までの話を上手~くまとめてますよね 

監督J.J.エイブラムス 流石

ライトセーバーの活劇あり、Xウィングの空中戦あり、地上戦あり、最終兵器あり、といつもの展開

これでなくちゃ、面白くない 

2時間20分、ほんと楽しめましたよ

ツッコミどころは多々ありますが、それは映画ならではの、ご愛嬌

感動ウルウルの所もあって、3部作の最後を飾るにふさわしい作品ですよね

正月にもう一度見に行こうかな 

 

で、今年の映画ベスト1は・・・・・・・

やっぱ、スター・ウォーズ ですね

で、イマイチ。。。。。だったのが。。。。。

ジョーカー かな・・・・

凄い評判良かったですが、おいらは、んんんんんでしたね

もう一度見たら、評価変わるかもしれませんが・・・・・

 

 

 

| | コメント (0)

2019/11/25

「ターミネーター:ニュー・フェイト」見てきやした

1235520

「ターミネーター;ニュー・フェイト」

2019年11月8日公開

監督 ティム・ミラー

主演 リンダ・ハミルトン

上映時間 128分

解説

SFアクション『ターミネーター2』の続編。未来のためにターミネーターに立ち向かう人々を待ち受ける運命を映し出す。ジェームズ・キャメロンが製作としてシリーズに復帰し、『デッドプール』などのティム・ミラーが監督を担当。『ターミネーター2』でT-800を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーと、サラ・コナー役のリンダ・ハミルトンが再共演を果たす。

 

あらすじ

ある日、未来から来たターミネーター“REV-9”(ガブリエル・ルナ)が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニー(ナタリア・レイエス)と弟のミゲルに襲い掛かる。ダニーとミゲルは強化型兵士のグレース(マッケンジー・デイヴィス)に救われ、 何とか工場から脱出した。そして彼らをしつこく追跡するREV-9の前に、サラ・コナー(リンダ・ハミルトン)が現れる。

 

めっちゃ面白い

初っ端から半端ない、アクションの連続

自動車工場でのターミネータREV-9と強化型兵士グレースとの格闘

ハイウェイでのカーチェイス

飛行機でのアクション

などなど、ノンストップで次から次へとこれでもか、のアクションの連続(^O^)/

めっちゃ面白いですよ 

で、ストーリもいきなりの、ジョン殺害

えええ、っと思ったんですが、これが伏線となって、ストーリが展開

ダニー、サラ・コナー、グレースと女性3人がめっちゃ映えます

流石、キャメロンが制作に加わったというだけあって好いですねぇ~

その3人に押されて、シュワちゃんT-800はイマイチ目立ちませんでしたね・・・・・

特に、サラ・コナー”リンダ・ハミルトン”が別格 

めっやカッコいい

また、グレースもなかなか魅力的

で、ダニーは徐々に戦士の顔になっていく様子が好いですねぇ~

ほんま、女3人のキャラが立っててめっちゃ好いですぞ

2時間、どっぷりとハマりました(#^.^#)

 

で、来月になると、ルパンスターウォーズ、行かなくっちゃね

今年は、あまり映画行けなかったですが、今の所、今回の「ターミネータ:ニュー・フェイト」が一番かな・・・・・・

 

 

 

| | コメント (0)

2019/11/10

「TAKURO YOSHIDA 2019-LIVE 73 YEARS-in NAGOYA」とスポーツの秋・・・・・

Nec_0010s Nec_009s  TAKURO YOSHIDA 2019-LIVE 73 YEARS-in NAGOYA

いやはや、やっぱ好いですねぇ~

名古屋公演参戦してましたから、なおさら好いですねぇ~

Nec_0011sで、中身は、こんな感じ

おいらは、ブルーレイじゃなくDVDなので、レーベルはシンプルでした 

CDはオレンジ色

Nec_0012s ライナーノーツ、なかなか 好いですよねぇ~(#^.^#)

ただ、最後の一言集かな??

ちょいと、んんんんん でしたかな・・・・・

んでも、改めて聴くと、ほんまアレンジ、間奏、後奏、凝ってましたよねぇ~

おいらの中では、2012年のツアーDVDが一番でしたが、今回のに軍配が上がりました

 

で、話変わりますが、いやはやラグビー終わって、ありゃ、、、、スポーツの秋が終わっちゃたかな・・・・・

いやいや、先日のボクシング凄かったですねぇ~

ドネア、凄すぎ!!とても36歳とは思えない強さ!!

モンスター井上、負けるのか??? と思いましたよ

しかし、最後には勝ちましたね

次回の防衛線が楽しみです(^O^)/

ただ、 右眼窩底と鼻の右下の骨折が気になりますね・・・・・・

 

で、野球も盛り上がってきましたねぇ~

プレミア12!!

明日から、決勝ラウンド、楽しみですぅぅ~(^O^)/

しかし、キューバ―があんなに弱くなったとは。。。。。。

 

で、今夜は卓球女子団体戦!!

男子は、中国に負けて決勝進出はなりませんでしたが、、、、、、

女子!! 頑張って中国倒して世界一になって欲しいですね

エース伊藤選手、平野選手、ベテラン石川選手、頑張ってくださいね(^O^)/

しかし、石川選手がもうベテランなんですね。。。。

若手の成長がほんま、早いですね

 

何はともあれ、まだまだスポーツの秋は続きますぅぅぅぅ~。。。。。(笑)

 

| | コメント (0)

«拓郎さんDVD来ました!!